高次脳機能障害とは

 ★脳卒中や交通事故などによる脳の損傷(脳損傷)が原因で、脳の機能のうち、

  言語や記憶、注意、情緒といった認知機能に起こる障害を高次機能障害と言います。

  怒りっぽくなる、記憶が悪くなるなどの症状があります。

  外見からは区別がつきにくいですが、高次機能障害は「脳の損傷によって起こる

  認知機能全般」のことを意味します。

★特徴的な症状

  ★易疲労性(精神的にも肉体的にも疲れやすい)

   脱抑制(怒りっぽく、感情をコントロールできない)

   意欲・発動性の低下(やる気がなく前向きになれない)

   注意力・集中力の低下(気が散りやすい)

   失語症(会話や読み書きがうまくできない)

   記憶障害(新しいことが覚えられない)

   遂行機能障害(段取りよく物事をこなせない)

   半側空間無視(自分の左側を認識していない)

   病識の欠如(自分の症状について自覚がない)

   失見当識(自分が置かれている状況がわからない)

☑ 今までに次のような病気や事故がありましたか?

     □ 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)

     脳炎・低酸素脳炎・脳腫瘍など

     □ 交通事故・転落事故・スポーツ事故等の頭部外傷

☑ 病気や事故をきっかけに次のような症状はありますか?

     □ 以前できたことができなくなった

     □ すぐに忘れる、新しいことが覚えられなくなった

     □ うっかりミスや不注意がおおくなった

     □ 物事を順序よく行うことができなくなった

      □些細なことにこだわるようになった

     □多少のことでイライラする、怒りっぽくなった。感情のコントロールができな

      くなった。

      □意欲が落ちて、元気がなくなった

     頭や体が疲れやすくなった

     すぐに人に頼る、子どもっぽくなった

     相手の気持ちになって考えることができなくなった

   上記に該当する項目がある場合、高次脳障害の可能性があります。

★ピアサポート(家族会・当事者会)

   ★高次脳機能障害の当事者や家族が集まって活動しています。興隆や研修、

    啓発活動を通じてお互いに情報交換をし、当事者として励まし合うだけでなく

    家族の相談や支援も行っています。本人にとっては同じ立場の仲間と出会い、

    社会参加につながる機会となり、孤立感の解消やストレスの軽減を図ることが

    期待できます。